Event is FINISHED

VRDG+H (Additional tickets)

Description

3DCDライブホログラフィックシアターで映像の祭典!

※Peatix販売取り扱いチケットを追加致しました。

-See below for the English version.-

昨年、hideのホログラフィックライブで話題となった、世界初、世界最高峰のテクノロジーを駆使した新時代の常設ホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」を舞台に、今度は映像と音楽による新しい表現を追求したイベント『VRDG+H』が開催されることが決定した。

これは、サカナクションやavengers in sci-fi、KANA-BOONらが所属する事務所であり、LITEやPredawnらのレーベルでもあるHIP LAND MUSICが、今年、新たにスタートさせる、アーティストとメディアを中心とした新しい時代を創造するクリエーターをプロデュースする事業と、都内を中心に、その活動の場をアジア、ヨーロッパへと拡げている、オーディオビジュアル表現のためのプラットフォームBRDGとのコラボレーションとして行われる。

出演はKezzardrixとSatoru Higaによる映像ユニットHEXPIXELSと、HIFANAのメンバーでもあるKEIZOmachine!の共演を始め、Daihei Shibata × FEMM、Keijiro Takahashi × DUB-Russell、Akihiko Taniguchi、DAIMAOU × wk[es]と、いずれも卓越した技術と才能をもった表現者達のコラボレーションとなっている。

尚、会場は全席指定(着席)となるため、早めにチケットを購入することをオススメする。
世界最高峰のVR表現に特化した劇場で繰り広げられる、一夜限りのオーディオビジュアルショーをお見逃しなく。

チケットはPeatix他、ローチケHMVぴあe+でも販売中。

___
VRDG +H, an event which seeks out a new expression from the collaborations of sounds and visual images, has been announced to be held at DMM VR THEATER, a venue that makes full use of the world’s first and most advanced holographic technology.

VRDG +H is run as a part of the new business started up this year by HIP LAND MUSIC, a management company of bands such as Sakanaction, avengers in sci-fi, KANA-BOON and also a label of LITE, Predawn and others, with an aim to produce creators who initiate the new era with a focus on artists and media. In this event, HIP LAND MUSIC partners with BRDG, a platform for audiovisual representation centered in Tokyo, now spreading its activities to Asia and Europe.

You will be able to witness the collaborations of talented artists each with world-class skills, starting from a joint performance of HEXPIXELS, a unit for realtime visual performance by Satoru Higa and Kezzardrix, and KEIZOmachine!, a member of HIFANA, and to Daihei Shibata × FEMM, Keijiro Takahashi × DUB-Russell, Akihiko Taniguchi, and DAIMAOU × wk[es].


Just for information, seats are all reserved and no extra seats will be available after all the ticket, so it is highly recommended that you buy your ticket as soon as possible. Do not miss the one night and only audiovisual show to be unfolded in the world's best theater specialized in VR representation.
___


出演:
HEXPIXELS
KEIZOmachine!

Keijiro Takahashi
DUB-Russell

Daihei Shibata
FEMM

Akihiko Taniguchi

Daimaou
wk[es]



出演者Profile:

Daihei Shibata (visual)

WOW inc.にて展示映像、インスタレーション、TVコマーシャル、PVなどの企画・制作・ディレクション等に携わる。

http://daiheishibata.jp/

https://vimeo.com/36343749



FEMM

意思を持つマネキン「RiRi(リリ)」と「LuLa (ルラ)」からなるダンス・デュオ。

2013年 秋頃より、東京を中心に「動く人形がいる」という目撃情報が寄せられる。

2014年に発表した『Fxxk Boyz Get Money』は、タイトル通りの過激なラップとコケティッシュなTWERKダンスで、欧米のティーンを中心にスマッシュ・ヒット。「ガールズ・アンセム」として世界中のファッショニスタやインフルエンサーからの支持を得て、ミュージックビデオは、YouTubeにて100万回再生を突破。

「Vice」からの「Supergroup」という大絶賛、「MTV IGGY」では97.97%という圧倒的得票率で「Artist Of The Week」を獲得するなど、多くの欧米メディアからの援護射撃を受け、インディーズ時代の配信限定アルバム「Femm-Isation」は、全米ビルボードチャートWORLDで10位を獲得。

日本でも「Google Android」のTV-CM「New Android登場篇」や「FASHION'S NIGHT OUT」「ULTRA JAPAN」「YouTube FanFest」など人気イベントへの出演のみならず、「Vimeo」のレコメンド枠「STAFF PIC」常連のクリエイター集団「BRDG」主催の映像&音楽の異種交配イベントや「fancyHIM」など東京で最もカッティングエッジなパーティーにも出演するなど、まさにオーバーからアンダーグラウンドまでを一様にFEMM(フェム)らしく熱狂させてきた。

サウンド、コレオグラフ、ファッション、多角的に隙なく生み出される新たなジャパニーズ・ビジュアライゼーションは、世界中のクリエイターらが恋するこの2体のマネキンを「TOKYO POP」のニュー・アイコンへと強く押し上げ続けるだろう。

http://femms.jp/femme/


Keijiro Takahashi / 高橋 啓治郎(visual)

大手ゲームメーカーに10年間在籍の後、独立。フリーランスのプログラマーとしてiOS/Androidアプリの開発や書籍の執筆等を手掛ける。現在はUnity Technologies Japanにエバンジェリストとして所属し、国内におけるUnityの伝導活動に勤しむ傍ら、Unityを使用したリアルタイム/インタラクティブな映像作品の制作活動を展開している。

http://radiumsoftware.tumblr.com


DUB-Russell

東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。

2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。

2011年にはオンラインレーベル”+MUS”から”Grasp Echoes”、翌2012年には”Prank Poles”をリリースし、自作の音楽ソフトウェア”HSU-001″および”HSU-002″を同梱した各タイトルは各方面の反響を呼び高い評価を受けた。

またRevirth Digital Split Single “Gramline a.k.a. O.N.O x DUB-Russell”としてGramlineとのスプリット・シングルのリリースやJeff Mills "Where Light Ends"のリミックスを手がけるなど活動の幅を確実に広げている。

ライブにおいても"SonarSound Tokyo"や"Rainbow Disco Club"、"EKEKTRA 16"など国内外の電子音楽系イベントに多数出演、即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。

http://dubrussell.com



谷口暁彦 Akihiko Taniguchi

メディア・アート、ネット・アート、映像、彫刻など、さまざまな形態で作品を発表している他、渡邉朋也とともに、新宿・思い出横丁で発見されたメディアアートにまつわるエフェメラルでアンフォルメルなコミュニティ、思い出横丁情報科学芸術アカデミーの一員としても活動。主な展覧会に「[インターネット アート これから]」(NTT ICC、2012)「思い過ごすものたち」(飯田橋文明、2013) 「オープン・スペース 2014」(NTT ICC、2014)など。

http://okikata.org/



大魔王 DAIMAOU

坂本渉太×吉田恭之による

ファンタスティックメランコリックサイバートランスVJユニット

予測不可能な展開で空間を異次元の夢と希望の彼方に追放させる

http://www.shotasakamoto.com/

http://yasuyukiyoshida.com/



wk[es]

電子音楽家。東京都在住。

1998年よりギタリストとしてアーティスト活動を開始。

都内を中心にバンドメンバーとしてキャリアを積み、2008年よりwk[es](ダブリュー・ケー・エス)名義で活動をスタートさせる。2010年Pakcheeと共に電子音楽レーベルHz-recordsを設立。

これまでに自身のレーベルからCDアルバム”interface”やEP等をリリースし、リミックスワークや商業作品などに楽曲を提供。

https://soundcloud.com/hz-records/abyss



HEXPIXELS(visual)

歴戦のプログラマー/VJであるKezzardrix/Satoru Higaによる"C++パンク"ユニットHEXPIXCELS



KEIZOmachine!

KEIZOmachine! 1 of HIFANA , Producer , DJ , 16pads Pusher , Percussionist , Killer Tune Digger .

DJではオールジャンルの音楽をMix。スクラッチやエフェクトを駆使しながら

現場Remixを作っていくLive感あふれるKillerプレイは必見。

Follow KEIZOmachine!

https://www.youtube.com/user/kzomachine

https://www.facebook.com/KEIZOmachine

https://soundcloud.com/keizomachine

Event Timeline
Sat Mar 26, 2016
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
DMM VR THEATER
Tickets
全席指定 ¥3,500

On sale until Mar 25, 2016, 4:00:00 PM

Venue Address
神奈川県横浜市西区南幸2丁目1-5 Japan
Directions
JR横浜駅 西口 徒歩5分
Organizer
VRDG+H
553 Followers